産後はダイエットのチャンス

今日はいいお天気になって嬉しい限り!!
明日はもっと気温が上がるみたいだから
ちょっとうろうろとして出かけようかなぁって
思っています。

妊娠して臨月を迎えると、、
あとは出産のみ・・・なんですが、心配なのが
体重が戻るかどうか・・・・。

今は苦しくって食べれないって
こともあるのですが、産後はすごーく
ご飯がおいしく食べれそうな予感です。。。

入院中も美味しいご飯+おやつが出るしなぁ。
そう思うと産後すぐにはダイエットには
ならないかもしれないなぁって思っています。

でもダイエットのチャンスなのが産後!ですよね。
だからなるべくなら身体にいいことを
たくさんして、ダイエットをしていけたらいいなぁって
思います。

母乳育児だったりすると産後はご飯の量
も減らせないから極力身体にいいものを
たべることをしないといけませんよね。

だからお菓子を食べるならご飯を食べる
ぐらいの勢いにして、しっかりと身体になるものを
食べたいなあって思います。

1カ月を過ぎたらエクササイズもできるし、
それも欠かさずにやったら3カ月ぐらいで
体重は戻るみたいですよねぇ。

筋力をつけようと思うと体重は
そんなに減らないかなぁと思うので、
筋力がつくようにして、体重にはこだわらない程度に
して引き締めを重点的にやっていけたらいいなぁって
思います。

 

あとは、とっても大事なのは呼吸だそうです。
呼吸して身体に酸素が行き渡りやすくするって
とっても大事で、全身に酸素と栄養が運ばれてこそ
代謝するらしいです。若々しさもついでに
保ちたい人はしっかり深呼吸をすることが
とてもとても重要だそうです。。

 

赤ちゃんのお世話に忙しかったり、
その合間にネットとかしたり・・・。

自分ではストレス発散しているつもりでも、
スマホやPCではストレス発散とはちょっと違うなぁって
思っちゃいます。

だから自分の体と向き合って、なにが足りていないかって
いうのをじっくり考える期間にしたいなぁって思っています。
それが早い回復につながるんじゃないかなぁ。

とりあえず、産後からは一気に戻すのは無理だから、
できる限り身体を冷やさないようにとか
食べ過ぎないとかに気をつけようと思っています。。

赤ちゃんも頑張っているし、そのサポートできるように
私自身も気をつけながら生活をしないといけませんよねぇ。

今日はとっても疲れやすくなったし、早めに
休んで明日に備えようと思います。
子どもたちのお世話も待っているしねぇ。
明日も頑張れるように自己管理大事ですね。。

 

将来のためのエイジングケア

gakuto

知っての通り、私はGACKTの大ファン! ファンというより、彼は教祖様的存在です!
今年で39歳になるガクチンは、相変わらず美しい!!

でも、テレビがアナログからデジタルに変わって、テレビに映る芸能人の肌の状態とかもくっきり見えるようになって、

「あぁ、ガクチンでも、ニキビって出来るんだ。」
「けっこうファンデーション厚塗りにされてる」

とかが分かるようになって、ガクチンも年をとってるんだなぁと感じる。

 

私もアラサーの仲間なので、お肌はいつでも曲がり放題…
私の場合は、かなりのオイリー肌なのでニキビや肌のテカリが気になるし、今後出てくるシミも心配。若いから大丈夫!って思ってたけど、病院で仕事をしていて、ある60歳の女性はとても60歳には見えないけど、別の60歳の女性は、どうみても80代に見える。

 

昔の話をその方々から聞いていると、やっぱり若く見える方は、きちんと身なりを整えて、自分へのケアもしっかり行ってきたらしく、逆に老けて見える方は、家族の世話におわれて、自分のことは何も出来なかったと話されていた。

その話を聞いて、肌のお手入れを行っていたか、行わなかったかでこんなに違って見えることにビックリした。

私も、そろそろ将来のことを考えてエイジングケアを始めてみようかなぁと思う今日この頃…

でも、面倒くさがり屋のうえに、子育てでさらに忙しいので時間はかけられないから、何かお手軽で簡単に出来るケアはないものか??
昔、ダイエットのために通っていたキャビテーション痩身はまだ受けられるところあるのかなー?

口コミなんか聞いて、いい方法探してみよう。
とりあえず今は、ドラッグストアで購入した『かたつむりマスク』なるものを毎日使っています。
安くて90枚入りなので、毎日使えるし、パックなら付けてそのまま家事なんかも出来ちゃうので楽ちん♪
しかも、付けた後はお肌しっとりでスベスベになるのでおススメですよ☆

 

無茶な食事制限に注意

ダイエットを始めるときに、闇雲に食事を抜いてはいませんか?
確かにカロリーを抑えることで一時的に体重は減るかもしれませんが、それは正しい方法とは決していえません。
では、どのような点に注意してダイエットをすればいいのでしょうか。

まず、食事を抜くのは良くありません。
一日3食、しっかり食べましょう。
食事を抜いてしまうと手っ取り早くカロリーを押さえ、体重は減るかもしれません。
しかし、それでは体の不調の引き金となり、元の食生活に戻ったときにリバウンドしやすい体にもなってしまいます。
毎日の食事をきちんと食べることを前提として、その中でカロリーをいかに減らすかということが重要なのです。

次に、バランスの良い食生活を心がけましょう。
ダイエットをしたいのなら、油っこいものは避ける、ご飯のおかわりをやめるなど、食事を抜かなくてもカロリーを減らす方法はあります。
また野菜をタップリと摂って栄養素がしっかり摂れるように注意し、繊維質の多い食材にも気を配りましょう。

最後に、寝る前にものは食べない、ということです。
最低でも就寝の2時間前までに食事を終わらせましょう。
寝ている間は消費カロリーも少なく、食べたものを消化させないまま寝てしまうと太る原因にもなります。
寝る時間に合わせて食事をコントロールすることは必要です。

どれも、大して難しいことではありません。
少し注意して生活することで何とかなることばかりのはずです。
カロリーばかりに気をとられていると、無茶な食事制限で体のバランスを崩してしまう危険性もあります。
そこに注意して、正しいダイエットを行いましょう。